P3292269-1.jpg

昨日から東急BEの二子玉校で
ママのためのKIDS写真講座がスタートしました。

こんな時だからこそ
私はいつもの日常を保ち
子どもたちをまっすぐ見ていきたい。

「見てるよ」「大好きだよ」のメッセージを
なんとなく送れるのがカメラのいいところ。

子どもたちをよく見ることで
子どもたちが認めてほしいと思っているところを
キャッチできるようになればいいな。
それが、その子の個性だし、温かく見守っていけたらな。
そしたら、子育ても、きっと、楽しくなるかな。

私も改めて、自分の想いを確認しながら
講座をスタートしました。

お伝えしたカメラの機能のことなど
すぐには、使いこなせないと思いますが

練習すれば必ず上手になるし
練習した分、想いも、形も残る。

「早くー!」「もーう!」とイライラしちゃう時
手や口が出そうになる時こそ
カメラを持って
待ってみてくださいね。

カメラから覗いて見ると
そこには一生懸命な子どもの姿があると思います。

カメラで一コマ一コマ追っていくと
子どもは立派に1人前に
私が主役をちゃんと生きてる。

そんな姿に、私たち大人は癒され、元気になる。

そんな私たちを見て、子どもたちは、嬉しくなる。

ハッピーサークルを作って
みんなが楽しい講座にしていきたいです。

どうぞよろしくお願いします。