皆さんは棋書選びで失敗したことはありませんか?私は確か最初によくわかる相掛かりを買いましたがあまり指さない戦型で後悔しました。ここでは私の考える失敗しない棋書選びを教えたいと思います。まずは定跡書ですが大事なのはその戦型がよく指される戦法かということです。振り飛車党なら問題ないと思いますが居飛車党は注意してほしいです。あまり指されないと思う戦型は相掛かり、角換わりです。逆に横歩取りや矢倉はよく指される戦型で横歩取りから買うことをオススメします。実際に私は千駄ヶ谷で初段ですが角換わりおよび相掛かりはほとんだなったことはないです。個人的に良いと思った本は矢倉が矢倉の急所1で攻め方じたいもシンプルで覚えやすいです。横歩取りはこれしか持ってないので横歩取りマップです。様々な形があるなかで広くそれなりに深く、また青野流ものっていて悪い本ではありません。ですが他にも横歩取りの本はありますし複数買うのは戦型の被りがでてしまうのでよく立ち読みしてきめましょう。最後に対抗系です。まずノーマル四間飛車は四間飛車激減の理由と四間飛車破り(イビアナ編)の二つと四間飛車の急所1をオススメします。前者の二つはイビアナについて語っていて定跡の情報量で言えば激減の理由が勝りますがときどきなんでこう変化するの?と思う局面があり困ることがあります。2段以上の棋力があれば理解できると思います。僕は初段なので後者をオススメしたいです。四間飛車の急所1はイビアナの情報は少し古いですが急戦が57銀左をはじめとした急戦が多くのっています。ここで注意してほしいのは四間飛車側の本ということで急所と書いてあったこともあり私は勘違いして買ってしまいました。最初は滅茶苦茶後悔しましたが後々読んでみると意外に居飛車も買っておいて損はないとおもいます。石田流は振り飛車側は石田流の基本2巻で足りると思います。居飛車側は石田流破り左美濃徹底ガイドがオススメです。本組みと77角型とそのほかの形が書かれているし結構良いです。ここで注意してほしいのは石田流側は徹底ガイドのほうが新しい本なので対策を練らなければならないということです。中飛車は振り飛車側は申し訳ないですが持ってないし知らないので分かりません。居飛車側は中飛車破り一直線穴熊徹底ガイドがオススメでしょうか。先手後手書かれているのが良いポイントです。私は持ってないですが先手中飛車破り(みたいな名前の本)が最近でてきているのでチェックしてから選んでください。角交換四間飛車は振り飛車側は角交換四間飛車最新ガイド、角交換四間飛車を指しこなす、早分かり角道オープン四間定跡ガイド、角交換四間飛車徹底ガイドがありますが、相振りは最新ガイドしかないので決まりで対抗型は指しこなすと徹底ガイドが違う形(金の位置が違うんだっけ)なので注意です。私は指しこなすを持っていてどちらも良書と思いますが指しこなすは何より読みやすいです。定跡ガイドは目次とその章の冒頭をみれば分かりますが全部が交換するものについて書かれている訳ではなく、43戦法なんかものっていていわゆる広く浅くタイプです。交換型は銀冠編が見所であり振り飛車側の研究課題でもありますね。さて、とんでもなく長い説明をしましたがざっとこんなもんだと思います。次があればここで抜けていたとこや、詰め将棋辺りを紹介しようと思います。では、良い棋書選びを